Home -ikigai-

タイトル
ikigaiを活かすことで、何かを生かすことを目指します

DIY(脳力).筋トレ(筋力).農作業(農力)という”いきがい”とアイデアグッズを活用することで、自分や家族が健やかに生き、(農)環境も生かすことができました。こうした、活かすことで何か生かせるものがでてくる”いきがい”を知り(Know)、お伝えしていきます。

はじめに

”Know!農と生きるために努力する人達”

終戦時に生まれた父母は毎日のように農作業をしていますが、時にはヒヤリ・ハットも

結果として子供の私が手を貸さず、自分で農作業に復帰した両親ですが、それを見て、2人の生きがいである農の秘めた力(農力)を知り、将来の自分や子供達もいきがいを活かすことで身体を生かしたい、と心底思いました。そこで、自分のいきがい体験と、いきがいを活かす上で役立った物をご紹介して、そのような体験を皆様と共有できたらと思いました。

最新ブログ


<いきがいである”○○”が私達に恩恵を与えてくれる社会>

私はたまたま、農家であり農作業という”いきがい”ができる環境が身近にあっただけですが、皆さんもご自分の身近に自然と能動的になれる”いきがい”があるなら、それをちょっと工夫するだけで、自分や身近な人のためになるものに変わるかもしれません。以下は私が思う農作業という”いきがい”での理想像です。

【農をいきがいの場に】

地方では田畑や山林が、住宅や店舗として人々が集う場所になる一方、耕作放棄地となるところも見かけます。もちろん、耕作放棄地になるより人が集う場所に有効活用されるのはいいことです。しかし、住宅や店舗だけでなく農地・山地を、皆が生きがいを持って農体験ができる場所として活用する、ほどよい社会がいいのではないかと思います。


農でのんびり人々が体を動かし共感
農と生きる、みんなが集う場所があったらいいですね

【繋がる場所】

仕事、家事、家族の見守り、今の世の中、時間を割かれることは数多くあります。それも影響してか家族や社会で人が集う機会・繋がる場所が少なくなり、身近な繋がりが希薄化している印象を受けます。そこで、老若男女が生きがいを分かち合う場所として、農を役立てれたらとの思いで、私達夫婦と2人の子供も両親に加わって、日常と生きがいのバランスをとりながら、農作業をしています。

生きがいを共感
家族が生きがいを持ち、更には人々が共通の生きがいを持ち、共感できたらいいな

【身体を動かす場所】

ジムのように全天候型の強みはありませんが、早朝に効果的な運動法を取り入れ農作業をする等工夫をすれば、きれいな空気、景色、やわらかな土の感触の下、ジムに勝るとも劣らない素晴らしい身体を動かす場所となります。

【考える場所】

消費者として享受する視点だけでなく、作物や作業性をよりよいものにするために考える場所として、農は果てしない潜在力があります。ITを活用する等、自由な発想がかなえられる場所です。

wi-fiで住宅と農地を結ぶ
屋外で家事と農作業、家族との連絡を平行して行うのに、自宅wi-fiが活躍します。

【形にする場所】

自分が考えただけの目標収量や品質になった・自分の考えたような効率的な作業ができた等、感情を揺さぶる成果が、より自分のチャレンジ精神をかきたてます。

かぼちゃ、とうもろこし
両親が管理しきれない畑で妻が育ててくれました

<変化>

生業でなくとも農には価値がある

 農業の経験年数も大してない私が、文章にてのうのうと語らせていただきました。農業として生業(お金)にしているわけではありませんが、農と生きることにもっとメリットを見出したいと思います。

持続可能な存在か疑わしい日本の農環境

 経験がおありの方は、そんな考えの奴もいる、くらいで収めていただけたら幸いです。「私という一人の人間の衰えは必ずやってくる。家のこと、農のこと、山のこと、この先も全部自分でやれる訳ではない。」と稲作を親から引き継いだ時に感じました。

農が時代を超えて人のいきがいとして生き続けるよう変えていく

 今の子供達の未来が自分達で、自分達の未来が親達の現在であるとした時、その未来が訪れた時に互いが健やかであるため、より農を身近になくてはならない存在としていきたいです。

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

タイトルとURLをコピーしました