物があふれるデスクにDIYで収納スペースを作ろう!

市販品の一段目に追加の板をDIYしました 脳力を活かす
土台に追加の板を打ち付けた状態です。

私、かたずけが苦手なんです。ですから、会社のデスクには物があふれてしまう。そんな時は、ブックスタンドや引き出しの多い収納箱を買えばまとまりますよね。でも人が回して置かれてしまう書類はなかなかそうはいきません。そこで、物があふれるデスクにDIYで収納スペースを作ることにしました。

デスクの空きスペースを採寸します。

メジャーで横、縦、高さのはまる可能性のあるスペースを採寸して何かに記入しておきます。

立体的収納棚を検討

置くスペースは上下に3段必要だったので、この既製品にしようかとも思いましたが、電話を一番下に置くとなると上下のスペースが足りません。

三段式の棚がいいけど、電話も置きたい時

次に、こんな形の物もいいなぁ、と思ったんですが、幅が若干広すぎるし、一段目が電話取りやすくなっても、二段目のスペースが必要な高さに届きませんでした、残念です。

だったらDIYするしかないしかないと思い、適当なものをホームセンターで買ってそれを使いやすくDIYすることにしました。まずは、メジャーで採寸し、自分のデスクにぴったり合った市販の棚を探すことにしました。

組付け手順

その1

その2

この一段目に電話を入れると、受話器がとりにくい位置になってしまうため、手前に電話を置くスペースを広げるため、木(杉)を加工していきました。

その3

毎日使う物なので、ひっかかりを作らないようバリをヤスリで取ります。

その4

説明書通りの作り方で形を作っていきます。

その5

一方、一段目は電話を載せる台を繋げる形で組み立てます。

その6

規格の穴には説明書通りにネジを通し、追加の板を繋げる土台を固定する箇所には釘を打ち込みます。

その7

ネジ止め、釘打ちしていない状態

ネジ止め、釘打ちをした状態で、最終的に、このように組み上げました。

その7

釘打ちした部分には、服の繊維等が引っかからないように、木工用ボンドを塗ります。

こんな状態ですが、乾かすと目立ちません。

会社で実際に置いてみると、ピタリとスペースに合いました。

このようにして、電話は一段目、1カ月1回の処理物は2段目、社員皆が提出する書類は3段目に設定しました。

電話の上の段には、段ボール等でできた入れ物を入れると、仮に電話を取り上げた時に当たっても問題なくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました