自宅wi-fiで見守れる距離:溝切作業編

wi-fiで住宅と農地を結ぶ 脳力を活かす
屋外で家事と農作業、家族との連絡を平行して行うのに、自宅wi-fiが活躍します。

昨年の苦労を挽回するための一苦労

昨今の夏、暑い日が続きます。我が家の田んぼは田植えから40日程過ぎ、中干しと言って田に水を張るのを止めることで稲の成長を一時的に止め、日光で干して田を固める時期です。去年は排水がうまくいかず、妻子には稲刈り時にぐちゃぐちゃの田んぼをカマで手狩りさせる羽目になり、苦労をかけました。

溝切作業を試すことに

そこで、今年は中古で購入した、丸山製作所製の乗用型溝切機で排水溝までの溝を切る作業をし、確実に田を固めることにしました。

お留守番の娘が気になる

しかし、朝一に妻が「私、12:30に髪を染めに行ってくるから妹ちゃんは家においていくからね」と匂わせ発言。心にひっかかりがあるまま10時に息子と軽トラに溝切機を乗せて出かけました。

日陰となる場所でこんな状態では一向に乾かないですね。植えないと決めた場所とはいえ、刈り取り作業時に水でぬかるいんでいては機械の移動時に面倒なことになります。

溝切り作業開始!

田んぼの息子をケア

地面はぐちょぐちょで、息子はしょっちゅう田に足をとられ「HELP!」の連続。そうこうしてると、いつの間にやら太陽が照り付ける炎天下に、、、。そこで、止めた軽トラに一時退避して水分補給をすることに。

こんな時の、山の木々の日陰はたのもしいです。ちょっと尋常じゃない炎天下なので、息子の顔も赤く汗だらだら(-_-;)。最後の一列の溝切り作業はやらせてやると約束して、そのままエアコンの効いた車内で休ませることに。しかし、手持ち無沙汰でかわいそうに思い、好きな動画をYou tubeで見ていいと言ってスマホを渡しました。200m先の自宅に設置したwi-fiルーターAX73とAP(中継器)RE605Xのコンビを活かして自宅wi-fiを田んぼまで飛ばし、You tubeをwi-fi扇中2本アンテナレベルでありますが見させてあげられ、現場へと心おきなく戻りました。※シニアの方も朝の時間や日陰を有意義にご使用ください。

自宅の娘の見守り

そして、あとは息子にやらせる溝切り作業の最後の一列を残すのみとなった時、今朝の妻のあの匂わせ発言を思い出しました。ㇵッとして時計を見ると12:35。「えー、もう5分過ぎちゃってる。妻はまだいるかなぁ!?」そう思い、軽トラに戻り息子からそのままスマホを返してもらい、あわてて自宅のecho show8へアクセス。ぼんやりした画面から徐々に自宅のダイニングルームが映し出され、寂しそうな娘一人の姿が。

すぐさま

私「お母さんでかけた?」

娘「うん」

俺「あとちょっと待ってて、15分くらいで帰るから」

娘「分かった、待ってる」

そしてすぐに息子と現場に戻りラストの作業を再開

見事、息子の溝切り作業も成功!

そして早々に片づけ、溝切り機の洗浄は後で自宅でやることに。ありがとう溝切り機、そしてAlexa(echo show8)!

無事帰宅し、妻の作っておいてくれた冷やし中華で3人で遅めの昼食をとりました。うまい!

そうそう、翌朝インターバル速歩も兼ねて田んぼの観察に行ったところ、見事水は排水されていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました