農と生きるためにITを活用

脳力を活かす

少しでも農作業をやりやすくするために、農場でITを活用してみました。

農業関係書類

↓↓

➊収支計算の手間をITの活用で減らす

取りためた領収書、秋の収穫後の農協からの請求書を参考に、翌年の年間概算予算を11月の最終末日に収支全てを書き込むようにしています(後で実数に書き換える)。

複式家計簿 - Google Play のアプリ
複式簿記の仕組みを利用した家計簿アプリです。 簿記の機能をしっかりと活用していますが、簿記は初めてという方で問題なく使っていただけるよう工夫されています。

(収支の繰り越し額もその都度分かるので、現時点の余力も見極めしやすい。また、Pro仕様有料版もあるが自分の場合無料版を使ってます)

➋農関係書類作成で悩む時間をITの活用で減らす

役所や農協の提出書類は、作業後に来年の作業イメージをAgrionに記録し、その後提出書類に転記することで、行動を書類にすぐに反映させるようにしました。

Agrion(アグリオン)- クラウドで農業経営をサポート -
Agrionは、ITを活用して効率的に働きたい農業者のための、クラウドサービスです。Agrion農業日誌を使えば、アプリで簡単に作業の記帳や圃場管理が可能に。面倒な納品書や請求書作成などの受注販売業務をグッと簡単にする、Agrion販売管理...

日付.圃場データ.作業内容を入力し、作業開始ボタンをクリックし、作業が終わったら作業終了ボタンをクリックで、作業記録ができます。メモ欄もあるので、自分の体や農業機械に負担になったこと等の情報を記入しておけば、次年の記帳な参考データになります。しかし難点として、クラウドサービスなので、Wi-fi・LTE・5G等のインターネット環境が整ってないと起動しません。

❸農作業で迷う時間をITの活用で減らす

自宅Wi-fiを200m程離れた田んぼで使用できるようにし、農作業中の迷い事は、Agrionで過去作業を見たり、あるいはGoogle・Youtubeで調べます。

❹農作業をしながら家族の見守りをする

自宅Wi-fiで200m離れた田んぼとを結ぶことで、自宅の家族を見守れます。その詳細は、タイトル:自宅wi-fiで近所の家族を見守れる!?にて。

自宅自体が気密性が高い構造物となっているため、逆にwi-fiが繋がりにくいネット環境でした。

しかし、wi-fiルーターの変更とアクセスポイントの追加で繋がりやすくなりました。

IT環境改善&屋外活用手順

アクセスポイントを障害物のない2Fに設置するのがポイント。それに加えて、、、

その1:wi-fiルーターの変更

その2:アクセスポイントを2Fに追加

その他屋外IT活用例①

土曜朝の子供達の習い事のため、農場でスマホのalexaと自宅のecho show8を結んで彼らの起床を確認し、仮に起きていなかった場合は声で起こします。

その他屋外IT活用例②

echo showやATOM CAM2等の利用で、自宅近くで農作業する高齢者をAlexaを介して見守ることもできます。詳細はブログタイトル”さりげない見守りの一助にAtom cam2”で。


コメント

タイトルとURLをコピーしました