農場でナイスデイを過ごすため、足腰の筋力を生かす

ナイスデイ 農力を活かす
足を載せるだけで運動が自然にできます。

春になって、父は目の前の畑で農作業をするのが日課になっています。容器に入れた水を畑まで運んだり、野菜に水をやったりと81歳にしては感心する程よく動く父ですが、裏では農作業のためナイスデイという健康器具で、足腰の筋肉を鍛えていました。そんな父の健康の秘訣をご紹介します。

いきがいが自分や家族の健康に繋がる

父が頭を働かせ、元気に動いてくれることが家族の幸せに繋がっています。

父のいきがい:買い物、農作業

このブログでもご紹介したように、父は免許を返納して以降も買い物を楽しみにし、連れていくことも多かったのですが、春になり農作業ができるようになると、農作業の方が優先するいきがいとなったようです。

私のいきがい:DIY

当然、父は表に出て身体を動かす機会が多くなってきたので、前回のブログのように私のいきがいであるDIYで彼の出入りの土間をいじくってみた次第です。

農作業という、いきがいのための筋力トレーニング

この土間いじりの最中、何やら屋内から聴きなれない音が聞こえてきました。すー、すー、すー、何この音?すると、そこには父の姿がありました。

これには合点がいきました。なぜなら、最近、下のような広告が新聞等に掲載されるのです。行動派(せっかち、とも言う)の父はこの広告を見て、農作業のため、足腰を鍛えたくなったのだろうと想像がつきました。

案の定、父はこの広告に影響されて買ったようで、『衰えんようにせんとあかん』とのことでした(^^)。言ってくれたらecho show15なら電話より手間がない支払い方法で手伝ってあげれたので、残念です(;一_一)。

脳を働かせ、自分や家族のためになることを考える

自分で考え、実行する、高齢者でなくてもなかなかできることではありませんね。

孫のため

しかし、この話の裏にはもう一つ話があって、最近父は隣のウオーキングマシンのある部屋を中学生になる孫に譲りました。

マシンは引き続き同じ部屋に置かれ、孫と一緒に使うと父は言っていたものの、最近はあまり使ってないようでした。

父自身のため

その代わり、父はソファに座りながらでも新聞が見やすいテーブルを買い、熱心に新聞を見ていました。そうして頭を働かせた結果が、ナイスデイに結び付いたようです。

母のため

さすが、父の検討した今回のナイスデイは、気楽にどこでも持っていける軽さで、母にもおすすめし、高齢者には使い勝手のいい商品だったようです。

農作業後に足をさすり休息をとる母

一方、母は最近足が衰え、転倒したりすることも多いので、ナイスデイを、やってみると、かなり前向きに検討しているようでした。

年代問わず使えるナイスデイ

実は私も試させてもらったのですが、足を載せると身体を無理なく動かせる感じでやりやすかったです。どの世代にも使い勝手のいいものだと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました