機械に頼るより自ら動く機会を最大限活かす

トウリト保冷リュックでお買い物 筋力を活かす
晴れた日はトウリト保冷リュックを背負ってお買い物、健康にもいいですね。

2024年問題対策は最大積載量のトラックで、温暖化対策に最大出力の原発を、それも一つの考えかもしれませんが、自ら身体を動かす機会を最大限活かし、個々が物を運び、住みよい生活環境を整え切磋琢磨できたら、環境負荷の改善(化石燃料からの脱却、温室効果ガスの排出削減、クリーンエネルギーの廃棄物問題の解決)に繋がり、人にも環境にも優しい世の中になるのではないでしょうか。

大量消費社会の弊害

ポケットに入るような小さな物を買いに来ました、

みんなが車ばかり使い大量消費。でも、少しだけ買えば十分という機会はいっぱいあるはずです。

大量消費社会では、みんなが捨てれば怖くない、とばかりに繰り返し不法投棄する輩もでてきます。

大量消費時代の弊害か田んぼへの不法投棄が絶えません。

少しの物の調達に多くの車が出払うと、渋滞や排ガス(地球温暖化)になる。そこを個々が徒歩や自転車あるいは集団移送手段の電車等に代替したら環境にも良くなるのではないでしょうか。

公共交通機関で
公共交通機関で外出もgood!。

使い放題の風潮の弊害

空前のEVブーム、当然使用される電力量も増えます。

大量消費のこの世の中、使わなくちゃ損とばかりに必要以上の物が運搬され、エネルギーが消費されることに繋がっている側面があるのではないでしょうか。

これによって得をするのは、勿論それを提供する企業です。

大量消費からの脱却

移動距離が限られる高齢の方も、昨今は各自治体が移動手段の利便性を良くする制度を用意していることも多いので、有効活用してみてください。

徒歩や自転車、公共交通機関が利用しづらい地域は自治体がお得な乗り合いの移動法を用意している場合があります

それぞれの”できる”ことを楽しみとし、自分で移動.考えて買い物することがいきがいとなったらしめたもの。

そこから、自分のいきがいが自分の筋肉や脳を活用するサイクルができあがります。また、身体を動かすことは節約にも直結します。

徒歩や自転車、電車といった身体を少しでも動かせる手段で必要になった都度買い物に行けばよいのです。

今は物も充実した世の中、冷蔵必要品まで運べる大容量リュックまであるので、まとめ買いの際等には重宝します。

トウリト保冷リュックの正面
街でも自然の中でも利用できるデザインになっています。

勿論、これらは食べ物のお惣菜や野菜といった日持ちしないものに限った話で、現実的には同時にできる限りネットショッピングを利用する等買い物の手間を減らす努力も必要です。

最大限はやめて必要最低限の消費を目指すだけでなく、補完的な取り組みとして上記のようにITを活用して買い物をすることも必要です。


どうせだったら、エネルギーを吸収する外食なんかも化石燃料を使って行くのではなく、自転車使ったりすれば、プラスマイナスゼロなカロリーコントロールができるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました